なぜ人は家を買うのでしょうか?

家賃を払うのがもったいない、住宅ローンを払い終われば自分の物になるから

買う年齢、家族構成やさまざまな要因から買った方が良い場合もあります。しかし、買う物件の選択を間違ったり、買わなかった方が得なケースもあります。

住宅ローンを払っていけなくなったら、資産にはなりません。昨年だけでも以前に他の不動産会社からご自宅をご購入したお客様の3組が任意売却を希望し、その後破産しました。

原因は営業マンがライフプランのシミュレーションについて全く無知識だったため、無理な住宅ローンを組ませてしまったからです。

今払えるかよりも10年後、20年後、払いきれるか?売った時でも損をしないか?しっかりライフプランをシミュレーションしてご自分にあった適正価格を知ってからのご購入をお勧めします。

■勉強不足な不動産屋さんから物件を買ってしまい失敗してしまった例


・子供が大きくなった時の教育費を全く考えておらず、支払ができなくなった。

・定年した後も住宅ローンを支払って行かなくてはならないが、年金だけでは支払ができなくなった。

・修繕費がどの位かかるか計算していなかったので、リフォーム費用の支払いがしんどかった。

購入前にライフプランのシミュレーションをしていれば・・・

 

■ ファイナンシャルプランナーに相談してしまい、物件を買って失敗してしまった例

 

・言われるがままに相場より高い物件を買ってしまい売るに売れなくなってしまった。

きちんとした不動産屋さんに頼んでいれば・・・

■ ハウスメーカー(建築士)に相談してしまい土地を購入し、失敗してしまった例

○希望どおりの家は建ったが、土地の資産価値が低くて売るに売れなくなってしまった。

きちんとした不動産屋さんに頼んでいれば・・・

ページのトップへ戻る

税金が安くなる(還付される)と聞いたから

毎年いろいろな税金の軽減、還付措置、助成金等があります。ただし、要件を満たさないとそれらの優遇を受けられない場合がありますのでご注意下さい。

 

■勉強不足な不動産屋さんから物件を買ってしまい失敗してしまった例


・建物の固定資産税は年々安くなるとの説明を受け新築住宅を購入したが、3年経ったら急に固定資産税が高くなって支払がしんどくなった。

・築20年を超えた中古木造住宅を購入したが、耐震適合証明の説明が間違っていたために住宅ローン控除を受けられなかった。

・自宅の買換えで買った値段と同じ位の価格で売れたが、儲けはでてないので税金はかからないとの説明を受けたが、譲渡所得税をとられてしまった。

・自宅を売却したのだが、税金の質問についてはお答えできないと言われ全く教えてもらえなかった。

きちんとした不動産屋さんに頼んでいれば・・・

ページのトップへ戻る

住宅ローンを組んだ時に入る団信保険に魅力を感じたから

住宅を購入した時に加入する団体信用保険は加入者に万が一の事があった場合は以後の住宅ローンの支払を免れるという利点があります。ご購入と同時期に現在加入している任意保険に無駄が出ないか見直しする事をお勧めします。

 

自分に万が一の事があった時にいくら位必要か把握していなかったために自宅を購入した後かなり経ってから保険に無駄があった事に気付き損をした。

住宅購入時にライフプランのシミュレーションをして保険の見直しをしていれば・・

 

以前から加入している保険の担当者に自宅を購入した事を伝えたが、保険の見直しを提案されずかなり経ってから保険に無駄があった事に気付き損をした。

同時期に第三者のファイナンシャルプランナーにライフプランのシミュレーションをして保険の見直しをしていれば・・・

ページのトップへ戻る

将来高くで売れる可能性もあるから

たしかに運よく相場が下がった時期に買って、相場が上がった時に売れば利益が出る事もあります。ですが、その逆もありますのであまり期待しない事をお勧めします。

 

不動産屋にこれからどんどん土地の価格が上がるから売っても儲けが出ると言われ新築物件を購入したがその後、相場が下落し売るに売れなくなった。

不動産屋さんは虚偽を言う人が多いので過度の期待は禁物です。

ページのトップへ戻る

なかなか希望どおりの賃貸住宅がないので、注文住宅で理想の家を建てたい。

ハウスメーカー、建築家には土地相場を全く知らない方も居ますので、土地相場については不動産屋さんを2〜3社廻って意見を聞くことをお勧めします。

 

ハウスメーカーを信用し土地探しも頼んだが、実際には相場よりかなり高い物件を買わされてしまった。

ハウスメーカー、建築家は土地相場を知らない方ばかりなので、土地相場については不動産屋さんを2〜3社廻って意見を聞くことをお勧めします。

ページのトップへ戻る