相続でお困りの方
【相続・老人ホーム紹介】

  • ホーム  >  
  • 相続でお困りの方【相続・老人ホーム紹介】

相続した不動産にお悩みではありませんか?

相続した不動産にお悩みではありませんか?

不動産を相続したものの、活用できていないという方は珍しくありません。条件の良い物件であっても、それを活用できる状態でなければせっかくの不動産も“負”動産となってしまいます。

相続した不動産は放置せず、まずは不動産会社に相談してみましょう。船橋市の不動産会社「Hope Home」では、相続した不動産で収益を得られる方法をご提案しています。

不動産を相続した方へ

不動産を相続した方へ

相続財産には現金や有価証券等がありますが、なかでも分割のしにくい不動産は、相続においてトラブルになりやすい資産です。また、相続した不動産をそのままにしていると新たなトラブルを生み出す原因になりかねません。早めに不動産会社に相談することが重要です。

固定資産税や都市計画税(市街化区域の場合)がかかる

不動産を所持しているだけでも固定資産税や都市計画税はかかります。土地の評価額が高い場合は高額な固定資産税を払い続けなければならなくなります。

維持費がかかる

人が住まなくなった物件は劣化が進み、そのままの状態がひどくなると、戸建ならば倒壊の恐れがあるため、メンテナンスが必要になります。もし、空き家が倒壊して通行人等が巻き込まれた場合、損害賠償の責任を負うのは空き家の所有者です。そういったトラブルが起こる前に空き家対策をしましょう。

解体費用がかかる

空き家を放置し続けると、場合によっては行政代執行により強制的に解体されてしまう可能性があります。解体費は所有者に請求されることになるため、早めに空き家対策をしましょう。

これから不動産の相続を考えている方へ

これから不動産の相続を考えている方へ

親族から相続を打診されている方や、将来的に相続することを考えている方は、早めに不動産の状態などを確認しておきましょう。

相続人は決まっているか

不動産を受け継ぐ相続人は決まっているでしょうか?相続した不動産が条件の良い空き家や土地であったとしても、相続人でなければ何もできません。どんな立場の人が何を相続するのかによって、その後の手続きなども変わるため、早めの対応が必要です。

分配の割合は決まっているか

遺産分割は相続人同士が争う原因になりがちです。遺言や、定められている法定相続人や法定相続分に従って分配することになりますが、土地や建物のような不動産を分配する場合、現金などとは異なり分けにくく、分配方法も複雑になりがちです。

相続税は支払えるか

遺産相続すると、相続したものに対応した相続税を支払う必要があります。もし都市部のような立地に不動産があった場合、評価額に合わせた高額な相続税が発生することもあるため、相続する場合は相続税を支払えることが大前提になります。

空き家になってしまった場合の危険性

空き家になってしまった場合の危険性

相続したものの活用することができず空き家のまま放置されている物件が増えてきています。空き家を放置するとさまざまなデメリットが発生するため、可能な限り空き家にしないよう対策を考えましょう。

ランニングコストがかかる

不動産は所有しているだけで固定資産税などのコストがかかります。電気や水道が通っている場合、電気代・水道代もかかります。

資産価値が下がる

人が住んでいない建物は劣化が早く進んでいきます。シロアリやネズミ、害虫などが発生して家屋が傷んだり外壁や屋根などが崩れる等で、資産価値はどんどん下がってしまいます。

管理の手間がかかる

家の中の掃除や庭の草木の管理など、住んでいない状態であっても管理しなければならないことが多々あります。

事故・犯罪のリスク

誰も住んでいないことがわかると家の中に侵入されてしまったり、犯罪などに利用されてしまったりというリスクもあります。さらに、放火されたり、劣化が進んで倒壊すると、責任は所有者が負うことになります。

Hope Homeなら老人ホームなどのご紹介も可能です!

HopeHomeなら老人ホームなどのご紹介も可能です!

船橋市の不動産会社「Hope Home」では、相続で悩む前に不動産に関する問題を解決するためのサポートを行っております。不動産を所有されている方がご高齢の場合であれば、老人ホームなどの施設をご紹介することも可能です。

老人ホームをご紹介する場合、入居される方の所有している不動産をはじめとした資産状況をしっかり把握し、安心できる資金計画を立ててご提案するほか、ご家族の負担もできる限り減らせるよう努めます。不動産を売却した費用を入居費用に充てることもできますので、お気軽にご相談ください。