収益物件の売却を
お考えの方

  • ホーム  >  
  • 収益物件の売却をお考えの方

マンション・アパートなどの収益物件を売却したい方へ

マンション・アパートなどの収益物件を売却したい方へ

せっかく収益物件を購入、相続したのに、なかなか借り手が見つからなかったり、借主とトラブルが起きてしまったり、修繕費用や固定資産税の支払いに困ったりして収益物件を売却したいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
マンションやアパートなどといった収益物件を購入する方は多くいらっしゃいますが、誰でも利益を生み出せるものではありません。

船橋市の不動産会社「Hope Home」では、マンションやアパートなどの収益物件の売却にも対応しています。収益物件は所有しているだけで管理費や維持費、固定資産税などの経費がかかるため、維持にお悩みの場合は売却することも選択肢として考えておきましょう。

収益物件の売却に適したタイミング

収益物件を売却するなら、できるだけ高く売りたい方がほとんどなのではないでしょうか。最適なタイミングを見計らうことで物件の価値は高まりますので、ポイントを押さえておきましょう。

修繕のタイミング

修繕のタイミング

設備の設置・修理や外壁塗装といった修繕やエレベータのーの設置・修理など、大きな費用がかかるときは、売却に適したタイミングです。修繕にかかる費用と売却による利益を比較して、修繕にかかる費用のほうが高い場合は売却することをおすすめします。

物件価値が高まるタイミング

物件の価格は、世間の景気や物価などによって変化しています。もし物件の価値が高まったタイミングで売却することができれば、高額で販売できる可能性が高くなります。タイミングを見極めるためにも、普段から基準地価や公示地価などを確認しておきましょう。

空室のタイミング

h4テキスト

所有しているマンションやアパートが常に満室であれば収益も問題なく入りますが、空室が続くようであれば維持費ばかりかかってしまう状態になっている可能性があるため、売却を考えるタイミングになります。

収益物件を売却するメリット・デメリット

メリット

メリット

一度に大きな資金を得ることができることが、もっとも大きなメリットです。仕事の都合などで引っ越しすることになった場合など、売却して得た代金で住宅ローンの残債をまかないながら新たな住まいの購入資金に回すこともできます。

デメリット(注意点)

売却代金では住宅ローンの残債をまかないきれない場合があることが売却のデメリットです。また、住宅ローンの返済が残ってしまった場合には銀行が抵当権を外してくれず、そもそも買い手がつかないという問題も生じます。

収益物件売却ならHope Homeにお任せください!

収益物件売却ならHopeHomeにお任せください!

当社では、不動産売却をお手伝いするだけではなく「不動産コンサルティング・FP・建築士・行政書士」という4つの資格と知識で包括的なご提案ができるように心がけています。どんな些細な疑問にも、できるだけわかりやすく、親切、丁寧なご説明を心がけていますので、お気軽にご相談下さい。マンションやアパートといった収益物件の売却であっても多角的な視点から見たご提案ができます。

不動産コンサルティングマスターの資格を活用した金融・建築・税制面でのサポートはもちろん、FPの資格を活用して資金計画や将来的なライフプランまで含めたご提案も可能です。より良い条件で収益物件を売却できるよう、全力でサポートいたします。