返済に悩んで
いませんか【任意売却】

  • ホーム  >  
  • 返済に悩んでいませんか【任意売却】

住宅ローンの返済が滞っている不動産なら「任意売却」

ローン返済が滞っている不動産なら「任意売却」

住まいを購入する際、ほとんどの方が金融機関で住宅ローンを組み、長い年月を経て返済すると
思います。もちろん計画通りに返済できていれば何の問題もないのですが、仕事や生活の変化などさまざまな要因でローンの支払いが滞ってしまうと、いずれ不動産は競売にかけられてしまいます。

競売とは?

住宅ローンを利用して不動産を購入した場合、債権者(金融機関等)が不動産を競売にかける事ができる権利「抵当権」が登記されます。そして、実際に住宅ローンの支払いが滞った場合、滞納期間や状況により、強制的に競売にかけられてしまいます。
競売になり低額で落札されてしまうと、売却額は直接買い取りや仲介売却より大幅に安くなるため、より多くの債務が残ってしまいます。

ローンの返済に困っているなら「任意売却」!

ローンの返済に困っているなら「任意売却」!

「任意売却」とは、任意(自由意思)で、競売にかけられる前に債権者(金融機関等)の承認を得て、不動産を売却する事です。話し合いによるため、無理矢理売却されるわけではないので、時間的な余裕ができます。そのため、買主様を見つける時間も長く確保でき、競売にかけられ落札される価格よりも高く売却できる可能性が増えます。また、通常は引越し費用も認められます。

任意売却を選ぶ場合の注意点

任意売却は、債権者(金融機関等)の承認が必要ですので、場合によっては頑なに競売にかけられてしまう事もあります。また、任意売却は金融機関との交渉が難しく、一般個人ができるような簡単なものではなく、時間と労力もかかり、希望通りにならない事もあります。

任意売却と競売の比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  任意売却 競売
売買価格 自分と債権者が承諾した価格で売却できる 売却基準価格が時価の約70%になり、さらに低額で落札される恐れがある
諸経費 引越し費用、仲介手数料等は認められる 認められない
退去時期 常識的な範囲であれば、引越し時期の希望を聞いてもらえる 退去しないと、強制退去させられる
残債務 金融機関と交渉できるので残債務が一部免除される場合や返済期間の希望を聞いてもらえる場合がある 落札価格を差引いた残責務が残る
プライバシー 近隣の住人には知られない 公示されるので大勢の人に知られる
生活再建 交渉が成功すれば、余裕を持って生活を立て直せる 負担が大きいため、再建までに時間がかかる

支払が厳しくなってきたと思ったら、なるべく早くファイナンシャルプランニングを行い生活再建の計画をおすすめします。
時間的な余裕があればあるほど、選択肢や解決方法は残されています。
「借金を完済したい」「商売をやっているのでその場所に住み続けたい」「将来生活が安定したら買い戻したい」などさまざまなご希望もお伝え下さい。

任意売却ならHopeHomeにお任せください!

任意売却ならHopeHomeにお任せください!

船橋市のHope Homeでは、不動産売却をお手伝いするだけではなく「不動産コンサルティング・FP・建築士・行政書士」という4つの資格と知識で包括的なご提案ができるように心がけています。任意売却後も、FPの知識を活用し、一緒に生活再建のお手伝いをさせて頂きます。

どんな些細な疑問にもできるだけわかりやすく、親切、丁寧なご説明を心がけています。秘密厳守を徹底していますので、お気軽にご相談下さい。相談料は無料です。